岡林淳子バロックな静寂☆チェンバロの心根

nota,ae,f♪ 無限空間へようこそ。 芸術のこと、想うこと、あれこれ Diem、Hora、Dictus. ac,atque,volubilis.                        

ご訪問ありがとうございます。溢れんばかりの刺激と喜びを頂き、皆さまの温かいお心に感謝致します。

少しずつ秋深まる風の香… 暑かった夏の終わりに、 新しく迎えたクラヴサンで、一曲収録しました。 私に与えられたタイトルは、 「慈しみ Itsukushimi」 ソロコンサートで、度々演奏させていただいている曲です。 懐い、憶うこと。 la mémoire éternelle ...

天と地。野と山。 たくさんの秋。 おかえりっ! 嬉しい姪の言葉から始まった、一泊二日の高知滞在。 先週、帰天してちょうど一年目の母と、三年目の父の合同慰霊祭終え、 先月召された義父関係の件で、連休に高知に行ってきました。 時々、老人ホーム ...

既にあるデュルケン・チェンバロが完成して32年目の今夏です。 その今夏に、 我が家に、アラサーのタスカンが加わりました。 去った6月の初対面で、 この子は絶対うちに来る!と直感! クープランと、 師匠の曲で音出しをした時、1小節弾いたところで、 不思議な感覚に ...

先日、 高知で何十年かぶりに、メダカを見ました。 急遽、早朝に高知入りして、義父に会い、しばらく沈黙の時をいただきました。 8月10日(木)のことです。 途中の高知高速道で、光のパイプオルガンを観ました。 翌11日は、 義父と最期のお別れ。 高知では、 よさこ ...

大阪万博の、コロンビア館で使用されていた大木を、 カウンターやテーブルに活用して、開店47年のバロック喫茶もみの木。 昨日と今日。 隠れ家で、シターとスピネットの音を奏でてきました。 地元では初めてのシターと言う弦楽器。 弾いている私も、 コーヒーを飲みなが ...

押し花作家・庄村昌子さんの、押し花展を鑑賞してきました。 彼女と作品の出逢いは、実家の父を看病中の最中だった3年前に遡ります。 丸1日だけ。 ある日の早朝、病室の父を見舞って、 今日はこれから遊びに行く! 帰りに、もう病院には寄らないからねっ!と勝手に決 ...

↑このページのトップヘ