岡林淳子バロックな静寂☆チェンバロの心根

nota,ae,f♪ 無限空間へようこそ。 芸術のこと、想うこと、あれこれ Diem、Hora、Dictus. ac,atque,volubilis.                        

タグ:ピアノ

長いか。短いか。 忘れられない2年目の秋。間もなく、亡き父の看病で実家に赴いた日がやって来ます。 永いお別れのあとも尚、 いろいろな人、もの、ことに出逢い、想い、問いかけ、考える機会が続いています。 一昨年秋からの松山滞在生活から、自分に問いかけが続い ...

新しいピアノが来たら、次は調律ですが。 その前に、 レッスンの合間に弾き込みです。 バッハ、モーツァルト、ドビュッシーに加えてシューベルトも。 何故この四人なのか・・ 小学低学年時代に以前の先生からの紹介で入門した、 三人目のピアノの師匠(男性)の厳しい ...

秋気澄む日の今日。 オーバーホールを終えてお嫁入りしてきました 去った夏は、我が家の半世紀を超すピアノ買い替えで楽器巡りが続き、 日を変えて、京都のピアノ工房に伺い、試奏すること1時間半。 とにもかくにも先入観を捨て、数あるメーカー、名器にとらわれず… ...

一日中穏やかな陽に恵まれた昨日。 母のホームでの 音楽楽法「こころの対話∞音と楽」Vol.2が終わりました。 今回は ヴァイオリニストの娘とデュオでした。 始まりはシターで3曲のソロから。 その内の一曲・・最終予定曲の三曲目を弾くその時になって、 なぜか不思議 ...

キラキラお日さまが光る日曜日 でも今日も寒かったですね 午後から オルガニスト、元タカラジェンヌ(歌劇団星組)の三城 礼さん、ヴァイオリニストの娘の三人が出演する パイプオルガンプロムナードコンサートを聴きに伊丹サンシティーホールへ 三城 礼さんはお歌で ...

私にとって 父との思い出を与えてくれた最後のチャンスとなったまさに一年目。 昨年の今ごろ... 入院する、今は亡き父の看病のため、 松山での長い滞在の準備を始めたところでした。 そんな感無量の10月に、 お友達の声楽家女史にお誘いいただき、 昨日、 とある神 ...

↑このページのトップヘ